大國魂神社入口です

今回は府中市内の地域特集の内の1つとしてこの大國魂神社をご紹介します。

特徴としては京王線東府中駅から徒歩19分の場所にあり、この神社の目の前にはケヤキ並木通りが北に通っています。

境内への道のりなら最寄り駅は府中本町駅が近いです。

土日・祝日だと大勢の参拝客で賑わいますが、平日でも多くの商業施設が近隣にあるので神社前の人通りが絶える事は少ないです。

ですが人の多い割には神社特有の落ち着いていて厳かな雰囲気に辺りが包まれている様でうるさくは感じません。

ここを訪れる人の特徴はこれといったものが無く、老若男女問わずバラバラです。

神社の北側のすぐ隣に府中大國魂神社交番があり、その交番に挟まれる形で府中観光協会の建物があります。

この観光協会の建物内で府中市内を口頭で案内してくれる方が常駐していたり、観光パンフレットも貰えますので一度訪れてみるのも良いのではないでしょうか。

神社内に専用駐車場も併設されているので、お車でお越しの方でも安心です。

具体的な駐車料金の方は事前にインターネット等でお調べになるか、現地にてご確認下さい。

☆一般の人が利用できる施設♪

大國魂神社お休みどころ

神社の敷地に入るとすぐ右手に御休み処の建物が目に入ります。

こちらのお店の名前は『はーもにぃ御休み処』といい、府中グリーンプラザ内1階にこちらの姉妹店があります。※グリーンプラザは閉館になりました。

店内では主に甘物類が売っています。具体的なメニューは甘酒・白玉あんみつ・冷やし白玉ぜんざい・アイスクリーム・コーヒーとケーキのセット等です。

冬の寒い時期だときつねうどんの他におでんも販売しているので、この近辺を訪れた時におなかが空いた~なんて時にはお食事していかれてはどうでしょうか。

コーヒーが1杯200円とお値段もお手頃なのが良いですね!

お店の前に甘味処らしい赤い番傘と同じように赤い腰掛がありますので、ここで神社全体の景色を眺めながら休憩が出来ます。

☆石の大きな鳥居をくぐるとそこは別世界!

大國魂神社 大鳥居

府中市内にある神社で1番規模の大きい場所だという事から、こちらも境内に入ってすぐの位置に大きな案内板が建っています。

現在地も表示されていますのでここから他の場所へ移動する時や周辺の観光できるスポットも載っていて便利です。

次に見えてくる物が大國魂神社で行われる催し物の行事予定表です。

こちらに書かれているのはおおよそ1カ月間に行われる予定の事です。

各祭りに関する事は神社入り口横にある観光協会へお問い合わせ下さい。

さて、ここからが神社内最奥にある大國魂神社本殿へと続く石畳の長い参道です。

その通りに沿って大きな杉の木が立ち並んでいて、ここを訪れた者に厳かな気持ちにさせてくれます。

境内のほぼ全域に生えている木ですが、松の木が1本も無いという事です。

理由の方は大國魂神社にまつわる伝説にこの神社に深く関係のある神様が「待つのは嫌だ、嫌いだ」という事から松の木を植えず、植えたとしても早く枯れてしまうという話が残っています。

他には参道沿いに生えている数十本の杉の大木ですが、その内1本もその根を参道へと出した事が無いそうです。

☆ふるさと府中歴史館も観れます♪

ふるさと府中歴史館です

参道の途中を右に逸れる形で大きな建物が見えてきます。そこも一般の方が観覧できる場所で、50年という半世紀以上の歴史ある建物です。

この建物が建立されたのが1967年で建物内部だけ造り変えられ、外観は建立当時から変わっていないまま今日に至るそうです。中では府中全体の歴史を見て知ることが出来ます。

建物は3階構造になっていて、階毎に展示されている物の種類が異なります。以下に階毎の特徴を書いておきますので、参考までにご覧下さい。

1階:国府資料展示室。~武蔵国府跡や関連遺跡について解説・紹介している部分です。主に歴史的に価値のある文化財等を展示しています。

2階:公文書史料室・公文書史料展示室・国府資料室。~府中市の歴史に関する重要な文書を公開・保存するのが主な目的で設立された場所です。

※文書の内容によっては資料を閲覧するための申し込みが必要な場合があります。

3階:事務室。~ここでは発掘届の受付やここで作成された頒布物の販売等を行う場所です。

主に当職員さん達による事務作業場所になっています。

入館料は無料・開館時間は午前9時から午後5時までとなっています。原則として休館日は毎週月曜日ですがそれ以外の時もあるそうなので、

詳しい日程などについては府中市役所のホームページに載っていますのでそちらをご覧下さい。

☆境内でここだけの特別な結婚式♪

結婚式場

境内最奥の本殿に至るまで多岐にわたる様々な建物があり全体的な構造としてはやはり古き日本の和の趣が随所に見受けられますが、

先ほど挙げた歴史館や結婚式場といった現代を生きる人々の生活に則った施設が不思議と全体の景観や雰囲気を壊す事無く建っています。

ここでは建物名の通り神社婚や和婚の他に七五三の相談会も受け付けています。

この大國魂神社で挙式を挙げたいという方は是非1度見に来てみて下さい。

結婚式自体のサービスの種類も多く用意されているかと思いますが、季節によって神社全体の独特の雰囲気が違うのでその空気を肌で感じながら御親族の方も一緒に楽しめるのではないでしょうか。

こちらで挙げられる結婚式に関する料金や各種サービスはネットで多数掲載されていますし、参考までにお二人で評判を見てみるのも良いかと思います。

今回は大國魂神社についてレポートさせて頂きました。

東京都府中市宮町3-1
この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。