京王線東府中駅北口をでて平和通りを北の方に真っすぐ歩いた先にあるむかしながらの定食屋さん『きくよし食堂』の紹介です。

東府中はお洒落なカフェ風レストランや南国気分を味わえるレストラン、美味しいお寿司屋さんやフグ料理のお店など飲食店が豊富にあります。

その中に昔ながらの雰囲気を全面に押し出している定食屋さんを紹介していきます。

きくよし食堂です

創業50年以上の老舗定食屋さん

平和通りには様々な飲食店がありますが、その中でもスンガリー飯店さんとこちらの『きくよし食堂』さんは昔ながらの雰囲気が入る前から醸し出ています。

昼時には満席になっている繁盛店です。店内には数多くのサイン色紙が飾られています。

こういったサインを飾ってあるお店は多々あるんですが、どれが誰のサインなのか大抵わかりません。。

きくよし食堂さんはちゃんと名前が書いてあるのでわかります。最近ではTBS系のドラマの撮影現場としてテレビに出ていました。

今はもうないですが道路向かいの中華料理屋さんもドラマ『ごくせん』の撮影場所ということで有名になっていました。

平和通りの飲食店はテレビ関係者に人気なんでしょうかね。

お店自体は店主一人で調理とホールを行っているようです。呼び出しボタンはないので大きな声で声掛けをしないといつまでも注文出来ません。

勇気を出して注文しましょう。お水はセルフサービスになりますので待っても運ばれて来ません。自分でとりに行きましょう。

それが「セルフ」というものです。テーブルにある卵はサービスのようです。ありがたい!

着飾っていない、お好きな食べ方で

お洒落な定食というわけではなく、仕事中の男性におすすめしたいお店。

メイン+サブおかずに白飯、味噌汁、漬物といったバランスの良い内容でワンコインから定食を楽しめます。

私なんかは初めて行く定食屋さんでは、唐揚げ定食か、しょうが焼き定食を頼むんですが、ここはいろんな種類の定食が安く食べられます。

お味噌汁はおかわり自由なのはありがたい。ライスのおかわりは有料ですが、2杯目は卵かけごはんにして食べるという食べ方も出来ます。

味は少し濃いめでご飯がすすみます。ガッツリ食べたい方にはとてもおすすめな定食屋さんです。

居心地の良い昭和レトロを感じる食堂

漫画がたくさん置いてある昭和レトロを感じさせるお店。

今では回転率を上げる為か、一番美味しい状態を味わって欲しいという店主のこだわりなのかはわかりませんが、漫画を置いているお店が少なくなってきました。

漫画が置いてあるだけでレトロっぽさを感じます。隣にある定食屋さんも同じような雰囲気を出しています、どちらも地元に根付いた料理屋の証拠でしょうか。

創業50年以上はダテじゃありません。

きくよし食堂さんは男同士や一人で気兼ねなく食べる方に向いていると思います。気になる味のレビューを省かせて頂きます。

ランチ営業は11:00~14:30。ディナータイムは17:00~23:00まで営業しているようです。日によっては材料が無くなり次第早めに休憩に入ったりするかもしれません。

 

今回は東府中の老舗定食屋の『きくよし食堂』さんを紹介させて頂きました。

東京都府中市緑町3-17-5

東京都府中市緑町3丁目17-5TEL:042-361-6069 東府中駅北口から徒歩3分 無休

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。