住むお部屋を決めたなら次は引っ越しの準備になりますよね。自分で荷造りが運搬する方や全部引っ越し会社さんにお任せする方それぞれいらっしゃると思います。

大手引越し会社で社員経験がある担当者である私が引越しの裏事情や実際の話についてお話させて頂きます。

引越しのイメージです

費用を抑えるにはどっちがお得?

お部屋の入居費用は多額の支払いが発生します。引っ越しは費用を抑えたいという考えが普通だと思います。

そこで引っ越し会社に頼むのと、自分で荷造りからトラックを借りて運搬・搬入するのではどちらがお得なのでしょうか。

普通に考えたら自分でやった方がお得だとお思いだと思いますが、実はそうとは限りません。まず自分で引越しを行う場合についてお話します。

まずは荷造りから始まります。食器や小物等は段ボール等に入れないと運搬するのに不便ですので段ボールを用意します。

これはホームセンターで購入する場合やお店で大きめの段ボールを無料でもらう方法があります。

お店で購入する場合、小さな段ボールから大きな段ボールまで値段はバラバラですが1枚100円~200円位でしょう。

少し多めに買っておいた方がいいと思います。ただホームセンターで売っている段ボールは材質が柔らかい為、物をたくさん入れると変形したりする物もあります。

無料で貰える段ボールは大きさがバラバラな物が多いのでいざ積み込む際に『積む』のが少し難しくなります。

そしてガムテープ(クラフトテープ)と食器等を包む際に必要な新聞紙やクレープ紙も用意して梱包していきます。

準備が出来たらどんどん梱包していけばいいのですが、ここでお勧めするのは、不要なものはなるべく捨てていく事です。

引っ越しは不要な物を処分するいい機会です。荷物の量も減って一石二鳥。

荷造りが終わったらトラックをレンタルして積み込みを行います。レンタルするのは軽トラやバンはおすすめしません。

というのも積み込める量が少ないのと、冷蔵庫等の大型家電やタンス等の大型家具がスペースをとるので、何度も往復する羽目になりやすいからです。

それならば2トントラックを借りて、なるべく往復の無いように済ませましょう。

レンタルで2万円位でしょう。(※トラックを運転する際は免許証の確認と高さに注意して下さい。高さがあるのでカーブミラーや木に引っ掛けやすいです。

内輪差が大きいので巻き込みも注意しましょう。)それに冷蔵庫等の家電を一人で運べる方は別として引越しを行う際は最低もう一人は必要です。

友達であればご飯代やバイト代だけで済むと思います。ここではバイト代として1万円とします。

搬出・搬入する際に傷つけでもしたら原状回復費用や修繕費用がかかります。

もし傷つけてしまった場合は2万円~は覚悟しておいて下さい。

ここでざっと計算すると

段ボール20枚・・・4,000円、クラフトテープ1本・・・200円、手袋・・・200円、トラック代・・・20,000円、人件費・・・10,000円=34,400円+労力&リスクになります。

引越し会社に頼むとどうなる?

引越し会社に頼むとどうなるか、距離や荷物の量や導線や時期にもよりますが、2トントラック1台分の荷物の量であれば、相場は30,000円+消費税です。

安いところは20,000円位です。プロであれば2トントラックの積み込みは1時間あれば可能です。導線が短く、しっかり梱包出来てれば30分位です。

移動時間も含めて3時間もあれば全部終わります。

なにより労力はかかりませんし、養生をしてくれて安全ですし、搬入が難しい家具なんかもバラバラにして搬入し元通りに組み上げてくれて、

頭から抜いて送ったりとプロのテクニックで搬入してくれます。もし吊り作業になった場合でも吊りロープ等の道具があれば無料で行ってくれる業者さんが大半です。

※大型の冷蔵庫等のユニックが必要な場合は別。

結局はどちらがお得なのか

費用的にはそれほど大差はありません。私的には荷物が多かろうが少なかろうがプロにお願いした方がいいと考えます。

素人が苦労する事でもプロならあっという間に片づけてしまいます。

バンで全部積み込める場合やご家族が手伝ってくれる場合にはご自身で行っても良いと思いますが、荷物を運ぶのは予想以上に疲れます。

ご自身で行う場合は台車も容易しておいた方が良いでしょう。作業が断然捗ります。

良い引っ越し会社とは

引越し会社はいくつもあり、どこに頼めばいいのかと迷うと思います。

少し高いが大手に頼むか安い中堅の会社に頼むか人それぞれですが、もし物を壊してしまった場合に荷物の保証をしてくれるは大手です。

よくわからない引っ越し会社ですと、理由をつけて保証してくれない場合があります。その分大手であればしっかりと保険に入っているので保証してくれることが多いです。

とは言っても荷物を運ぶのは結局「人」ですので、中堅でも迅速に丁寧に作業を行ってくれる作業員も当然ながらいます。

土日や2月~5月、12月の繁忙期ですと引越し件数が多い為、優秀な作業員(リーダー)に大学生や派遣等のセットが定石ですので、

出来ればその時期を避け、平日に作業を行うようにすれば、社員だけで来てくれたりしますのでおすすめです。

☆今回のポイント

・自分で行うのと引越し業者に頼むとでは結局は費用に差がでにくい。

・引越し会社に頼んだ場合はリスクが当然に減り、なにより労力が無くなる。

・引越す時期は繁忙期を出来るだけ避けて、優秀な作業員が集まる平日に行うことがおすすめ。

今回はこれまでです。また引っ越しに関して書いていきたいと思います。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。