2018年春の賃貸物件の成約データがでましたのでレポートします。軒並み成約件数は減少傾向にありますが、首都圏に関しては大幅に上昇しています。

これから賃貸経営の対策の一部として頭に入れておくとよいと思われます。

考える若者のイメージです

新築賃貸アパートが好調

2018年春の賃貸繁忙期は、全体的にやや減速気味で推移しました。

アットホームの調べによると、2017年後半の好調から潮目が変わり賃貸成約件数は1月から3ヶ月連続で前年同月比マイナス。

3月の成約件数は3万件を下回った。一方、成約の4割超えを占める東京23区が好調なほか、新築はシングル向けがけん引し、アパートの成約件数は過去最高となった。

1月以降賃貸物件の成約数の減少が続く

アットホームの調査によると、2018年春の繁忙期(2017年12月~2018年3月)における首都圏(1都3県)の賃貸成約件数は9万3,479件だった。

2017年の9万4,065件と比べて1.2%(1,126件)減。調査直近の3月の賃貸物件成約数は2万9,785件(前年同月比1.1%減)で3万件を割り、3ヶ月連続で減少した。

同社によると、「2017年7月から6か月間続いた成約数の増加が今年1月を機にマイナスに転じた。

賃金が上昇しても、それを上回る物価上昇により実収入のマイナスが続くことを考えると、2017年後半の好調は一部の実収入の増えた層の需要だったようだ」。

一方、マイナス基調の中、3月は東京23区が大幅増(1万2,695件、前年同月比5.6%増)でプラスに転じたことから、

首都圏全体の減少幅は前月比2.3ポイント縮小している。特に新築物件の成約件数はシングル向け(30㎡未満)がけん引し、

首都圏全体でマンションが前年同月比16.3%増で再び増加。賃料の高い城南・城西エリアの好調が押し上げた格好だ。

また、アパートも新築が同2.5%増で10ヶ月連続プラスと好調だった。

面積帯別成約件数、設備を重視する傾向に

面積帯別成約件数の前年同月比は、マンションがファミリー向け(50~70㎡未満)を除いて増加に転じた。

アパートは30~50㎡未満のカップル向けとファミリー向けが3ヶ月連続で減少しているものの、シングル向け新築が2ヶ月連続で過去最高を更新した。

「新築アパートの成約件数は2009年1月の調査開始以来、過去最高を記録。

売買物件であれば中古物件をリノベーションするのもトレンドだが、賃貸派ではマンションよりも金額帯が安いアパートの中でも、

設備面が充実している新築物件が選ばれやすい。ただ相続税対策のアパート供給は止まっているため、最後のヤマではないか」(同社)。

一方、ボリュームゾーンであり、様々な住まいの選択肢を持つシングル層が動き出したことから市場への変化が生じる兆しと見る向きもある。

成約賃料の変化はどうか

成約賃料の動きはどうか。

3月の1戸当たり成約賃料(首都圏平均)は、マンションが8.47万円で前年同月比1.9%上昇し再びプラス。

アパートは6.08万円で同0.8%上昇し10ヶ月連続のプラスとなった。

新築・中古別で見ても、マンションは新築が前年同月比10ヶ月連続上昇、中古も再び上昇に転じた。

アパートは新築が同3ヶ月連続で下落しているものの。中古は同15ヶ月連続で上昇。なお、面積帯別ではマンション、アパート共に全面積帯で成約賃料が上昇。

中でもカップル向けアパートは、同15ヶ月連続で上昇している。(『住宅新報』2018年5月1日号より抜粋・編集)

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。