新しいお部屋を探すのに地域相場やエリアの雰囲気を調べるにはポータルサイトがとても便利ですよね。

お気に入りに登録しておいていざ問い合わせすると、まだ掲載しているのにすでに成約済でご紹介はできませんと言われることも多くあります。

これがなぜ起こるか書きたいと思います。

不動産ポータルサイトは成約済が多い?

ポータルサイトの仕組みとは

現在ではathome、SUUMO、HOME’s等たくさんのポータルサイトがあります。

不動産会社は入居者様から退去の連絡を受けるとすぐさまポータルサイトに登録します。

この際は管理会社から別の協力会社に情報提供がなされますが、オーナー様が不特定多数の不動産会社にメールやFAXで空室の情報を流すとそれこそ競争が始まります。

ポータルサイトで反響を獲得するのはスピードが第一ですので我先にと掲載合戦が始まります。

また管理会社が二次掲載を許可するとワンクリックで管理会社が記載した情報を提供できるので手間が省け、これを利用する不動産会社も多くあります。

ですから同じ物件を複数の不動産会社が募集している形がでてくるのです。

悪意があるとは限らない

すでに成約済なのにいつまでも掲載している不動産会社もいます。

当社で管理させて頂いている物件の話になりますと、既に契約も済ませ、入居も住んで1ヶ月が経とうというのにポータルサイトに掲載し続けている不動産会社がいます。

この会社は常習犯なのでわざとやっているんだと思いますが、殆どの場合は気づかずに掲載してしまっています。

というのもこれが起こるのは膨大な空室情報を確認するのは困難で、その会社のキャパを超えた募集の仕方をしている為という不動産会社の甘えです。

仲介会社には掲載している物件に他社で申込みが入っても連絡が来ません。

ですので空室の確認は問い合わせがあった時に管理会社に確認するか手が空いた時に確認する程度です。

キャパを超える募集をしてはならない

このことからその会社のキャパを超える募集は控えるべきだと私は思います。

自分の首を絞めることに後々なると考えるからです。

お客様第一に考えている不動産屋ならこのようなことにならないように努力する、もしくは至急対策を考えるべきです。

どんなに優秀な営業マンでも成約済の物件を紹介して新たな申込みをとるのは不可能です。物件確認は重要な不動産業務だということを再認識しなければなりません。

ポータルサイトは一つの手段

そんなこんなで実際にお部屋を探している方はポータルサイトは一つのツールとして考える人が増えてきており、

ポータルサイトから問い合わせをする人は急激に減少しています。

ポータルで情報を手に入れて、その物件名で検索し情報の大元を調べたりしてポータルからではなく、その不動産屋に直接問い合わせをする傾向になりつつあります。

当社でもオーナー様から直接媒介を頂いた物件以外はポータルサイトに掲載しないようにしています。

時代の流れとともに不動産屋もその流れに乗っていく必要があります。

ただ単に物件情報を掲載していれば決まると思っている無責任な不動産屋もいますので募集を依頼する時はよく考えてから依頼するようにしてください。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。