府中市の子供医療費助成の概要。2018年版が出ましたので紹介させて頂きます。

詳しい事は府中市役所のホームページで確認し、市の担当者に確認をお願いします。子育て世代のみなさん、支援に感謝し有効的に活用していきましょう。

子供のイメージです

東京都としての子ども医療費助成の概要

東京都の子ども医療費助成は、小学校に就学するまで(6歳に達する日以後の最初の3月31日まで)の乳幼児医療費助成(マル乳)と、

小学1年~中学3年(マル乳の後の4月1日から15歳に達する日以後の最初の3月31日までの間にある児童)の義務教育就学児医療費助成(マル子)に分かれています。

乳幼児医療費助成(マル乳) 入院や通院での健康保険の自己負担分を全額助成(入院時食事療養標準負担額を除く)します。

義務教育就学児医療費の助成(マル子) 入院は健康保険の自己負担額を全額助成(入院時食事療養標準負担額は除く)し、

通院は健康保険の自己負担額から一部負担金(通院1回につき200円(上限額))を控除した額を助成します。

マル乳もマル子も助成の対象になるのは医療費や薬剤費等で、健康診断や予防接種の費用、薬の容器代、差額ベッド代等は助成の対象になりません。

紹介状を持たずに大きな病院(200床以上)で受診した場合の初診料も助成の対象にはならないので、注意が必要です。

また、保護者(児童の養育者)の所得による制限もあります。

入院時の食事標準負担額

入院時の食事標準負担額は助成対象外の市が多い中、府中市は対象内です。
マル乳もマル子も所得制限がない

調布市と国分寺市は平成29年10月1日より小学1年~3年生の所得制限を撤廃しましたが、小学4年~中学3年生の所得制限はまだ継続しています。

国立市も同様に小学4年生から所得制限があります。

マル子で一部負担金のない市町

23区のようにマル子で一部負担金のない多摩地域等の市町村は、武蔵野市、府中市、日野市、日の出町、奥多摩町、大島町、八丈町、新島村、三宅村の9市町村だけです。

日野市は平成29年10月より一部負担金を廃止しました。

武蔵野市、府中市、日の出町、奥多摩町、大島町、新島村は、所得制限がなく一部負担金もない、子育て支援に積極的な内容になっています。

その他の子どもの医療費助成

子どもの医療費を助成する制度は、乳幼児医療費助成(マル乳)と義務教育就学児医療費助成(マル子)だけではありません。

東京都福祉保健局のホームページをみると、「小児慢性特定疾病医療費助成」「ひとり親家庭等医療費助成制度(マル親)」等、

子どもに関する助成制度がいろいろと用意されています。

今回紹介した以外にも区市町村独自の制度もあるかもしれません。

わからないことがあれば、すぐに居住している区市町村や東京都に確認した方が良いです。

子どもの医療費助成は「子どもを養育している方に対し、子どもに係る医療費の一部を助成することにより、

子どもの保健の向上と健やかな育成を支援することを目的とした制度です。子育て世代のみなさん、支援に感謝し有効的に活用していきましょう。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。