外国人の方だけとは限りませんが、外国人の方は一時的な住居を求めて友人である家に泊まり、

それが当たり前になり結局は住み込んでしまうといことが発生する時があります。

入居前に契約書を確認し、理解をしてもらえれば大抵はこの問題は起こりません。もし多人数の方が入居してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

外国人のイメージです

賃貸住宅における外国人問題について

Q.外国人に「一人で住む」という約束でアパートの1室を貸しているのですが、複数の男女が出入りしている様子です。

先日も玄関に7~8足の履物があるのを目撃しました。「複数が暮らすのは契約違反だ」と告げても「暮らしているのは自分だけ」と答えます。

他の借主さんの迷惑になるので契約を解除したいのですが可能でしょうか。

A.よくある外国人トラブルですね。

おそらく、日本に来た知人に一時的な住居として、落ち着くところが見つかるまで住まわせるという、そんな使い方をしているのでしょう。

彼らには、特に「重大な契約違反をしている」という意識は薄いかもしれません。

とは言っても、大家さんにとっては重大ですし、他の借主さんが退去したら損害ですから止めてもらわないといけません。

 

まずは話し合いの場を設ける

まずは契約解除よりも話し合いで解決することを目指してください。

日本の慣習や事の重大さを理解していない可能性がありますし、

その外国籍の借主も自分が住む場所を失ったら、知人に力を貸すなどころではなくなりますから、

大家さんの本気を伝えれば話を聞いてくれるはずです。根気強く話して理解してもらうことが一番だと思います。

方法は大きく分けて2つです。『話し合い』か、『法的な手段』に訴えるかです。

 

法的手段で解決する場合

後者の裁判等は時間と費用がかかりますから「話し合い」を先に進めましょう

今回のような「利用方法違反」を理由に立ち退きを求めるのは「想像以上にハードルが高い」です。

契約違反なのだから簡単に解約できるのでは?と思うかもしれませんが。

「単なる契約違反では不十分」とされるのが日本の賃貸借契約の特徴です

もし裁判となると、「相手方の契約違反行為により信頼関係が破壊された」と認められることが必要です。

1人で住む約束を破ったので数回注意をした、くらいでは「信頼関係の破壊」とはならないのです。

そういう意味でも、最初から契約解除と決めないで、まず是正してもらうように根気強く説明と交渉することをお勧めしているのです。

 

裁判をするのは簡単ではない

まず、「複数で暮らしている」という証拠が必要になります。

近隣の方の証言を書面に残しておく、訪問した際の状況を写真やメモ等で記録しておく、などの証拠です。

そのうえで、その行為は契約違反であり、日本では重大な約束違反なので「すぐに止めてほしい」と告げます。

このまま続けるなら「退去してほしい」と強めに口頭で伝え、文書も手渡します。

このように利用状況を改めるように複数回の文書で通告します。外国人だから「日本の文化を知らなかった」という弁解の余地を無くすのです。

これらの行為や証拠は「信頼関係の破壊があったか」の判断に重要で、もし法的手続きに訴えた場合に備えた準備行為ともなります。

もし個人の連帯保証人がいるなら相談してください。日本人の連帯保証人なら、そこで解決する可能性もあります。

個人ではなく保証会社の場合も相談してみることです。

保証会社は「滞納等を保証する」という立場ですが、約束違反でトラブルを起こしていると知れば対処してくれる可能性もあります。

この、複数回の交渉と文書の提出と「貸主の本気」を伝えても止めないなら法的手続きしかありません。

弁護士さんに相談して「明け渡し訴訟」手続きを開始する事になります

「複数で住んでいる」という証拠と、何度も交渉した事実を証明出来れば、契約解除が認められる可能性は高いでしょう。

これは借主が日本人であっても対処法は同じです。違反による契約解除を認めてもらうハードルが高いことは知っておいていただきたいと思います。

 

この記事を書いた人⇒アゾウ不動産販売株式会社

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。