ポータルサイトや不動産会社さんでめぼしい物件をピックアップして、実際に最終確認としてお部屋を内見しますよね。

その際に車で案内してもらうのか、徒歩で案内してもらうのかあなたはどちらですか。

案内時は徒歩の方がいい

不動産屋の多くは車での案内が主流

都心の物件のように通勤時間や沿線で探せる場合でも、実際に電車を使って案内してもらった方が後々のことを考えても良いと思います。

地方から出てきた学生や転勤の方は、都心が初めての場合、実際にどの駅ルートを通って、改札はどこを抜け、

どの当たりの車両が乗り換えがしやすいのかわからないでしょう。車での案内の場合はここの部分が丸ごと省略されます。

駅にいる人たちでだいたいの地域性がわかります。これから何年かは住むことになる場所の雰囲気は入居前に知っておきべきです。

地元で探す場合

同じエリア内で引っ越しを考えている場合は土地勘もあり、案内をもいらないというお客様もいると思います。

ですがどんなに土地勘があっても、お部屋の中は一度は見てください。後のトラブルを避けることが出来ます。

内見することはお部屋の中や外観をみるだけではないと私は思っています。

どの不動産屋でも同じ物件を取り扱っている

今ではどの不動産屋でもほとんどの物件を紹介出来るようになりました。

(※見たい物件を紹介してくれるとは限りません。不動産屋個々で管理している物件が違うので、自社が管理している物件に空室があれば優先して紹介してきます。)

スマホやプリントアウトした情報をお気に入りの不動産屋でこれが見たいんですけどといえば大抵は案内してくれます。

物件の情報はネットで全てわかってしまう

内見する前にネット上で全ての情報が手には入れいますので、実際に内覧をお願いするのは息の合う(波長のあう)営業担当者がいる不動産屋にするのがおすすめです。

これから先も入退出で関わることがあるので、信頼できる方のとこで契約することを強くお勧めします。

そんな不動産屋知らないというのであれば、ブログや会社のレビューを覗いてみてください。

その会社のことがわかると思います。そして車より徒歩をお勧めするのは、営業の方と話す機会が増えるからです。

あまり喋りたくないのであれば、喋らなくてもいいです。優秀な営業はそこを感じ取るはずです。

毎月の出費と多くを占める家賃ですから、十分納得した上で契約しましょう。お店の中ではなく内見で外出した時が素がでやすいのでチャンスです。

またこの記事に関しては補足で書かせて頂きたいと思います。今回はこれまでとします。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。