今回は「身分別・投げ込みゴミ」への対処法についてレポートします。

賃貸物件を管理運営していくうえで知っておいて損はない知識の一つです。ゴミ捨て場を清潔に保つことで入居者様も汚しくくなり綺麗な状態を保つことが出来ます。

ゴミの身分別の対応

賃貸物件のゴミ捨て場

賃貸物件のゴミ置き場は、物件の規模が大きければ、それなりのスペースを設けて、アルミ製等の立派な設備が設置してありますが、

小規模な物件の場合は、道路上にゴミを置いてネットを被せるだけのモノもあり、近隣住民の方と共同で使っているゴミ置き場もあります。

共同の場合は問題があれば、「オタクのアパートの住民が出したゴミが回収されない!」と回収日当日に近隣から苦情が来るので早期に対応できますが、

世帯数の多い1Rマンションなどでは定期的に巡回しないと、残置されたゴミが放置されたままの事態になります。

いずれにしても、入居者の方が分別を徹底しない限り、ゴミ置き場の苦情が無くなることはありません。

ゴミ捨て場のトラブルの基本対応

このトラブルへの基本対応は、未分別ゴミを出した入居者への直接的な注意となります。

何が原因で収集されずに残置されたのかを、しっかりと入居者に説明すれば大体は改善してくれますが、

中には何度注意してもルールを破りを続けたり、名前を特定されないように気を付けながら、未分別ゴミを出し続ける入居者もいます。

このように相手が特定出来ない場合の管理スタッフの初期行動としては、物件全体に下記のような内容を盛り込んだ通知文書を根気よく配布します。

  1. 一部の人がゴミ分別を守らないのでゴミが残置されて困っている。
  2. 未分別ゴミ回収のための費用が増えているので、共益費の値上げや清掃当番制が実施される場合がある。
  3. 未分別ゴミを出している方を見かけたら当社へ通報して欲しい。
  4. 今後、未分別ゴミを出している方には過去の回収費用を含めて請求する。
  5. 正しく分別されている方に、このような文書を配布して申し訳ないが、ご理解とご協力をお願いしたい。

もちろん②や④は「おどし」であり、、現実問題として共益費の値上げや当番制を実施する事はありませんが、

何度も文書を配布する事で、分別を守らない入居者への牽制となります。

自分がゴミ出しをする時に「他の入居者に監視されているから分別を守ろう」という効果が期待できるのです。

このように、名前が特定できないようにしている入居者のルール破りに対しては、

「直接注意」⇒「度重なる警告」⇒「監視されているアピール」をする事で対処しますが、

同時に身分別ゴミを開けて中身の写真を撮影を行い、「タバコの銘柄」や「「名前の入った書類」など、個人を特定する材料をストックしておきます。

いくら名前を隠しても、ゴミに特徴があれば、やがて「ルールを守らない不届きもの」の正体がが判明する日がくるものです。

(これはプライバシー侵害行為にあたるという主張もありますので自重する管理会社も多いようです)。

外部からの投げ込みを疑う

もしそれでも改善されない場合は、外部の通行人からの投げ込みを疑ってみます。

投げ込みに関しては、防犯カメラによる監視が効果があり実績をあげていますが、費用がかかるという問題もあります。

その場合は、残置された未分別ゴミの具体的な中身の写真をカラープリントして、警告の張り紙としてゴミ置き場の前に張り出します。

「今後、同様の事があれば警察への通報と過去の分の費用請求を行う」との警告を繰り返し行うことで、

監視されている事をアピールして、投げ込みにくい状況を作り上げるのです。

このように、未分別や投げ込みを許さない徹底したアピールが、善良な入居者の快適な生活環境を守る事になり、

大家さんの資産価値向上につながりますので、私のような管理スタッフには重要な職務となっています。

投稿者プロフィール

azousan
azousan代表取締役
アゾウ不動産販売㈱代表の阿座上です。東京都府中市で小さな不動産屋を営んでおります。京王線東府中駅周辺に特化して営業に励んでおります。毎日オーナー様向けに様々な情報を提供して行けるようにブログを書いています。ご興味が少しでもお有りでしたら読んで頂けると幸いです。自社の公式ブログではお客様向けのコンテンツを発信しています。