建物の構造について アゾウ不動産販売株式会社


府中でのお部屋探しはアゾウ不動産販売鰍ヨ 東京都府中市清水が丘1-9-48 TEL042-313-5710 FAX042-313-5970 
多磨霊園のアゾウ不動産販売へ問い合わせ

府中市多磨霊園のアゾウ不動産

アゾウ不動産販売へ

建物の構造

木造

木造(木造建築物)とは土台、柱、梁、桁などの主要構造部材を木材で作る建築物。
軽量で、土地に影響を与えにくく、耐震性に優れているが、部材の変形が大きいなど不利な点も多いので、規模に制限がある。
歴史的に見ても、様式、工法に長く古い実績がある木造建築だが、部材の変形が大きく、剛体が得られないなど不利な点も多い。大きさの制限としては、高さ13メートル、軒の高さ9メートル、または延べ面積3000平方キロメートルを超える建築物は主要構造部を木造としてはならないと建築基準法で定められている。また、土台、柱、梁、軸組についての細かい規定と、防火区域、防火隔壁等異種用途区域を設けるなどの決まりがある。

木造軸組工法(従来工法)

コンクリートの基礎の上に土台を置き、それに柱と梁を組み合わせて建物を建築する工法。
各個の部材をつなぐ為に仕口や継手などの工夫がされており、現代では取り付け金物を併用し、より強度を増している。しかし、
水平方向の力に弱く、壁には筋かい、土台・梁・桁には火打ち等の斜め材をいれて安定させる。こうした軸組に、屋根をかけ、床を組んで壁を作る工法で、日本家屋の伝統的工法として古来より使用されているので「在来工法」とも呼ばれている。
 窓等の開口部を比較的自由に配置でき、部分的な修繕・改築を行う事が出きるのが最大の利点だが、建築に際しては熟練した職人の技術が必要になる。
 

プレカット工法

基本的には木造軸組工法(在来工法)と同じで、部材の長さや仕口継手をあらかじめ工場で加工し、現場でそれぞれの部材を組み合わせて建物を建築する工法。
部材の加工精度の向上、工期の短縮、木材資源の節約等のメリットがある。

木質パネル工法

木材をベースにしたパネルを工場で作り、木造軸組工法(在来工法)の軸組に内外壁として取り付けて建物を建築する工法。
木造軸組工法(在来工法)の自由性と2×4工法の剛性・機密性を併せ持つ。断熱性・耐火性に優れ、工期をある程度短縮できる。

木造2×4工法

木造枠組み工法(2×4)とは、土台、柱、桁、筋交で家の骨組みを造る工法。在来工法とも言う。
日本ではもっともオーソドックスな木造一軒家の建て方。土台、大引きで造られる水平面に対し、間柱、管柱、通柱が垂直面の骨組みを、さらにその上には、梁、桁が組まれ、棟木を頂点として、屋根が載せられる。部材によって、それに一番適した木があり、同じ名称の部材でも、使われる部分によって太さや長さは違う。全体的に職人的な技が必要とされ、従って職人によって工期などに差が出る。

軽量鉄骨造

軽量鉄骨造とは、軽量で耐震性に富む鉄の性質を生かし、建築物の主要構造部を鋼材を使って組み立てる構造。大規模で、柱と柱の間が広い建物や高層建築に使われる。

木造に比べると強度も十分で、鉄筋コンクリート造と比べると軽い
ということから、多くの建築物に使われる鉄骨造。しかし、高温に弱くて、振動が大きく、腐食やたわみの心配もあることから、建築基準法でさまざまな規定が加えられている。たとえば、鋼材の圧縮材についての性能の基準、また、柱の脚部は基礎にアンカーボルトで緊結しなければならない、鋼材の接合は高力ボルト接合でなければならないなどである。

重量鉄骨造

3階建ての一戸建て住宅や、マンションに使用されることが多く、重量鉄骨(H形鋼など)を柱・梁として使用した鉄骨構造のひとつで、軽量鉄骨よりも強度に優れ非常に頑強な構造である。

ALC造

ALCとは、autoclaved light weight concreteの略で、軽量気泡コンクリートのこと。セメントペーストに発泡剤を加え、オートクレーブ養生を行って製造される。

コンクリートは、圧縮力に強く、強固な建築物を造るには欠かせない素材だが、重量が重い、という欠点がある。ALCはその欠点を補って余りある新素材。鉄骨造や鉄筋コンクリート造の床、屋根、外壁、間仕切に使用される。製造・品質についてはJIS5418に規定され、シポレックス、イトン、ヘーベル、デユロックスの四銘柄がある。また、吸音性に優れており、集合住宅における騒音問題解消に役立つとともに、断熱性にも優れ、夏涼しく冬暖かな居住性能が得られる。

PC造

PCとは、プレキャストコンクリート工法の略。PCaと書くこともある。在来工法では場所打ちとするコンクリートの一部、または全部をPCa工場であらかじめ製造した部材で構築する工業化工法。

PC=プレキャストコンクリート工法は、おもに鉄筋コンクリート造(RC造)で使われる工業化工法。現場での作業や仮設資材の大幅な削減ができるうえに、
工期の大幅な短縮が可能になるので、トータルコストダウンにつながる。また、コンクリートの打設できない厳冬期の施工もできる。

HPC造

HPCとは、鉄骨プレキャストコンクリート造のこと。柱や梁を重量鉄骨の「H鋼」で組み、プレキャストコンクリート・パネルを接合して建物を建築する工法。

HPCのHとは、重量鉄骨「H鋼」のこと。PCは、プレキャストコンクリート工法の略。PCaと書くこともある。在来工法では場所打ちとするコンクリートの一部、または全部をPCa工場であらかじめ製造した部材で構築する工業化工法。現場での作業や仮設資材の大幅な削減ができるうえに、
工期の大幅な短縮が可能になるので、トータルコストダウンにつながる。また、コンクリートの打設できない厳冬期の施工もできる。

RC造

RCとは、鉄筋コンクリート造のこと。不動産物件の広告やパンフレットによく見られる表示で、引っ張り力に強い鉄筋と、圧縮力に強いコンクリートの長所を生かした工法。

木造や鉄骨造と並んでもっともポピュラーな建築工法。しかも、ほかのふたつとは比べ物にならないくらい
強固で、なおかつ自由な造詣ができる。だが、重量が重いという欠点や、厳冬下では打設できないなどの弱点があった。これらを解消するために考え出されたのが、ALC(軽量気泡コンクリート)、PC(プレキャストコンクリート工法)などだ。さらに強度や耐震性に優れたSRC(鉄骨鉄筋コンクリート造)という工法もある

SRC造

SRCとは、鉄骨鉄筋コンクリート造のこと。鉄骨で柱や梁などの構造部分を組み、その周囲に鉄筋を配して型枠を組み、コンクリートを打ち込んで一体構造にした工法。

鉄骨造と鉄筋コンクリート造の長所を生かした工法。鉄骨で構造部分を組み、その周りに鉄筋で型枠を組み、コンクリートを打ち込んで一体構造にする。こうしてできた柱は、鉄筋コンクリート造(RC)の柱と比べて強度に優れるため細くてすみ、耐震性にも優れるので、超高層建築の下部や、7〜25階程度の高層建築に用いられる。

CFT造

コンクリート充填鋼管構造・CFT(Concrete Filled Steel Tube)は、円形または角型の鋼管にコンクリートを流し込んで柱にする構造で、鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨鉄筋コンクリート造(SRC造)、鉄骨造(S造)に続く第四の構造と呼ばれています。
CFT柱は、断面は小さくても強靭で、空間をより広く高く利用でき、自由で伸びやかな空間を実現します。